ページ上部です

バックナンバーVol.15(2016年12月1日発行)

◆◆◆◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 船員保険メールマガジン「うみがめ〜る」 vol.15

                    

                    ≪平成28年12月1日配信≫

 

 ──────────────────────────────◇◇◆◆◆

 

こんにちは、「全国健康保険協会船員保険部」です。(^o^)丿

船員保険メールマガジン「うみがめ~る」は

加入者の皆さまにとって有益でお得な情報をお届けします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━┓ 

┃\_/┃ [TOPICS]

┗━━━┛ 

 

□1□ マイナンバー(個人番号)取扱いのお知らせ

■2■ 「健康講座」の「出前」やってます!

□3□ 知って得する!!医療費の上手な節約術 Vol.2

■4■【今月のイベント】クリスマス

┌─┐

│1│マイナンバー(個人番号)取扱いのお知らせ

└─┴────────────────────────────────

 

マイナンバーは、番号法で規定された行政手続において利用されることと

なっており、医療保険も対象となっています。これに伴い、船員保険における

マイナンバーの利用開始日などにつきまして、お知らせいたします。

 

■いつからマイナンバーの利用が開始されますか?

船員保険では平成29年1月からマイナンバーの収集を行います。

また、平成29年7月からは、他の医療保険者や行政機関との情報連携を開始

する予定です。

 

■従業員のマイナンバーの提出は必要ですか?

従業員やそのご家族の皆さまのマイナンバーについては、原則として、

日本年金機構や住民基本台帳ネットワークから収集するため、船舶所有者の

皆さまから船員保険部に、提出いただく必要はございません。

 

■どんな時にマイナンバーを利用しますか?

平成29年7月から、高額療養費などの給付の申請において、非課税証明書の

添付が必要となる場合に、ご本人さまからの申し出によりマイナンバーを利用

することで添付の省略が可能となる予定です。 

 

 

┌─┐

│2│「健康講座」の「出前」やってます!

└─┴────────────────────────────────

職場の皆さまで健康について考えてみませんか?

 

船員保険部では、加入者の皆さまの健康づくりを支援するため、

「出前健康講座」を行っています。

 

■出前健康講座とは

保健師や管理栄養士などの専門家を講師として派遣し、

ご自身の健康維持や職場・ご家庭での健康づくりの進め方

を学んでいただく場を提供しています。

 

■学べる内容

主にメタボリックシンドロームや生活習慣病(糖尿病や高血圧など)の予防

に関するものになりますが、それ以外のテーマについてもご相談に応じます。

 

■費用

費用は無料です。

※資料のコピー等はご協力をお願いしております。

 

健康を考えるきっかけづくりとして、職場での各種会議や研修会の際に

利用されてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、ご検討ください。

 

詳しくは船員保険部のホームページをご覧いただくか、船員保険管理グループ

までお問い合わせください。

 

▼出前健康講座のご案内▼

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g4/demaekenkoukouza/20160630001

 

┌─┐

│3│知って得する!!医療費の上手な節約術 Vol.2

└─┴────────────────────────────────

 

10月号のメールマガジンで大変ご好評をいただきました(?)

医療費の上手な節約術。今回は第2弾をご紹介したいと思います。

意外と知られていませんが、医療機関を受診する時間によって、医療費を

節約することができます。

さっそく、ポイントを確認していきましょう!!

 

■「夜間・休日の受診」は割増料金に!

夜間や休日に診察してくれる医療機関はとても心強い存在ですが、じつは

初診料や再診料に加算という割増料金が上乗せされるのをご存じですか?

初診の場合、平日の時間外では850円、日曜・祝日・年末年始の休日では

2,500円、さらに22時~6時の深夜では4,800円の加算と大変高額です。

また、調剤薬局でも時間外の加算が付きます。

 

 

■「診療時間内」でも加算されることがある!

一方、早朝や深夜、休日を診療時間としている診療所がありますが、

診療時間内であっても時間帯によっては「夜間・早朝等加算(500円)」が

付くことがあります。調剤薬局も同様(「夜間・早朝等加算(400円)」)です。

 

夜間や休日は限られた検査や治療しか受けられない場合が多く、

診療時間内にあらためて受診が必要になることがあります。

急病の場合はやむを得ませんが、できるだけ平日の日中に受診するよう

心がけましょう。

 

 

┌─┐

│4│【今月のイベント】クリスマス

└─┴────────────────────────────────

 

12月のイベントと言えば、「クリスマス」を思い浮かべる方が多いと思いますが、

日本ではいつから始まったかご存じですか?

 

日本での始まりは、1552年、現在の山口県にやってきた宣教師が信徒を集めて

ミサを行ったことがクリスマスの始まりだと言われています。

 

しかし、江戸幕府が1612年にキリスト教禁止令を発令し、一旦クリスマスは

姿を消してしまいます。

 

その後、明治時代にキリスト教禁止令が解かれ、クリスマスも復活します。

 

明治37年には銀座で「明治屋」がクリスマスツリーを店頭に置いたことが

大きな話題を呼び、クリスマスが一般に広く知られるようになりました。

 

昭和3年の新聞には「クリスマスは今や日本の年中行事となり」と書かれるまでに

普及していましたが、戦争により、またまたクリスマスは姿を消してしまいます。

 

その後、戦争も終わり、復興する中で、東京のデパートがイベントとして

クリスマスを利用したことにより、クリスマスが再び大きな話題を呼びます。

 

そこからだんだんと広がっていき、企業がクリスマスを商売へと結びつけ、

日本中でクリスマスイベントが行われるようになり、今では日本人にはなくては

ならないイベントとなりました。

 

これから寒い日が続きますが、街頭のキレイなイルミネーションを見て心を癒し、

ご家族、恋人、友人(一人の方も)と一緒に楽しいクリスマスをお過ごしください。

(S.M)

 

 

___________________________________

 編┃集┃後┃記┃☆┃

 ━┛━┛━┛━┛━┛

 

3、「知って得する!!医療費の上手な節約術 Vol.2」でご案内しました、

「夜間・休日の受診」は割増料金に!「診療時間内」でも加算されることが

ある!は衝撃でした。こんなに高額な料金が加算されるとは、、、

 

近所に、夜9時まで診療している医療機関ができ、便利!と思いましたが、

料金の加算があるかもしれませんね。安易に受診するのはやめます。

そして何気なく見ていた診療報酬点数(又は保険点数)ですが

これからはしっかり見てみようと思います。(診療報酬点数・・・医療機関から

発行される領収書に記載されており医療費の内容がわかる。1点=10円)

 

 

今年も残すところあと1ヶ月となりました。

9月に再開しました船員保険メールマガジン「うみがめ~る」を、

引き続きお読みいただいている皆さま、また新たにお読みいただいている皆さま

誠にありがとうございます。

来年も皆さまの健康づくりに役立つ情報、船員保険の最新情報等、

わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、来年も、ご愛読のほど

よろしくお願い申し上げます。

皆さまが健やかなる新年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

____________________________________

 

全国健康保険協会船員保険部では随時メールマガジンの会員を募集しております。

ご家族やご友人、職場のお仲間にも、当メールマガジンをご紹介いただきますよう、

よろしくお願いします。

▼メールマガジン会員登録はこちらです。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g5/cat580/mailmagazine

 

▼メール配信先アドレスなど変更をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_7/index.do

 

▼メール配信停止をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_6/index.do

 

★・‥…――――――――――――――――――――――――――――…‥・★

■発行元:全国健康保険協会 船員保険部

■住 所:〒102-8016

      東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階

■電 話:0570-300-800(全国どこからでも市内通話料金可)

     ※IP電話・PHSなどご利用いただけない電話の種類もあります。

     03-6862-3060(一般電話)

■船員保険部ホームページ https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo
★・‥…――――――――――――――――――――――――――――…‥・★