ページ上部です

バックナンバーVol.2(2014年9月1日発行)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

   船員保険メールマガジン 「うみがめ~る」Vol.2

 

                    平成26年9月1日 配信

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは、「全国健康保険協会 船員保険部」です。(^○^)/.

 

今年の夏も暑い日が続きましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

船員保険メールマガジン「うみがめ~る」では加入者の皆さまにとって

有益でお得な情報をお届けします。

 

今月は、医療機関の窓口でのお薬代が安くなるジェネリック医薬品の情報や、

下船後に引き続き疾病任意継続被保険者となっておられる方への情報などを

お届けします。

 

──── もくじ ───────────────────────────

 

1.【加入者の皆さまへ】

   (1) 腰痛予防について(ストレッチのご紹介)

   (2) お薬代が安くなります!(ジェネリック医薬品のご紹介)

  

2.【疾病任意継続被保険者の皆さまへ】

   (1) 前納を希望される方は9月12日までにお手続きを!

                          (前納のご案内)

   (2) 再乗船等により疾病任意継続被保険者でなくなる際の

       お届け用紙が新しくなりました!

 

────────────────────────────────────

 

 

◇──────────────────────────────────┐

1.【加入者の皆さまへ】

 

│(1) 腰痛予防について(ストレッチの紹介)              │  

└──────────────────────────────────◇ 

 

■日本は腰痛大国!!

 

日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験するほど、日本は腰痛大国

だそうです。

船員の皆さんは特に腰痛の方が多いのではないでしょうか。

 

腰痛症の原因は様々ですが、原因が特定できる腰痛は約15%と言われており、

残りの85%については、レントゲンなどの画像を確認しても原因が

特定できないと言われています。

 

腰痛には、様々な原因が考えられますが、

立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事のように、長時間同じ姿勢でいて、

体を「動かさない」ことが原因となっていることが多いようです。

 

 

■腰痛にはストレッチが有効!

 

腰痛対策で有効なのはストレッチなどの運動です。

 

運動スペースがなくても、無理のない範囲でストレッチするだけでも

ずいぶんと効果的です。

 

▼自宅の中でできる簡単なストレッチをご紹介します。無理のない範囲で

少しずつやってみましょう。いい気分転換にもなりますよ♪(^^)

 

<【参考】健康・体力づくり事業財団『生活アクティブ体操』(PDFファイル)>

 http://www.health-net.or.jp/etc/pdf/120525_fujino.pdf

 

 

■「サルコペニア」という言葉を聞いたことがありますか?

 

サルコペニア肥満とかサルコペニア腰痛など、なかなか耳慣れない言葉だと

思いますが、簡単に言うと「筋肉の量が年齢とともに減少する」ことにより

起こってしまう腰痛や肥満のことです。

 

個人差はありますが、人は誰でも年齢とともに遅かれ早かれ筋力が

衰えていき、30歳頃から筋力低下が始まります。

 

加齢に加え、運動不足などでおなかや背中、太ももなどの筋力が落ちれば、

脂肪が溜まってメタボリックシンドロームにもなりますし、

また筋力低下は、姿勢が悪くなって歩き方が悪くなることや、

疲労が蓄積しやすいことの原因にもなります。

 

加齢による筋力低下は、ある程度は仕方がありませんが、

まだまだ現役年齢で「サルコペニア」なんてことにならないためにも、

日々の生活で、「筋肉を意識しながら歩く」、「階段を上る」、「笑う」、

「姿勢に気をつける」ことなどを意識しましょう!

 

時にはフラダンスのように腰を左右に振る、フラフープのように回す!!(笑)

 

それだけで体の幹となる筋肉が使われておなかの脂肪もすっきり!

腰痛予防だけでなくメタボ予防になります。

でもむきになってやり過ぎてはだめですよ!!

 

まずは、筋肉をゆっくり伸ばしてこりや緊張をほぐしてから体操やストレッチを

始めてみましょう。

 

 

◇──────────────────────────────────┐

1.【加入者の皆さまへ】

 

│(2)お薬代が安くなります!(ジェネリック医薬品の紹介)      │

└──────────────────────────────────◇ 

 

■ジェネリック医薬品をご存知ですか?

 

最近では、病院や薬局で、ポスターが貼られているのをご覧になられたり、

テレビコマーシャルなどで、この言葉を耳にされたりする機会が少なくない

ので、ご存知の方も多いかと思います。

 

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、

新薬と同等の有効成分で作られたお薬のことです。

 

効き目や安全性は新薬と同等ですが、新薬より安価です。

 

 

■薬代は、どのくらい安くなるのでしょうか?

 

例えば、高血圧や糖尿病のお薬であれば、以下に示したような金額が

軽減されます。

(出典:ジェネリック医薬品学会リーフレット「ご存知ですか?

家計にやさしいお薬を!」より)

 

 

例1.高血圧症の代表的なお薬を1日1回、1年間服用されると仮定した場合

 

(3割負担の方の自己負担額)

  ・先発医薬品(新薬) 16,430円

  ・ジェネリック医薬品  9,860円

    差額      ▲6,570円

 

 

例2.糖尿病の代表的なお薬を1日1回、1年間服用されると仮定した場合

 

(3割負担の方の自己負担額)

  ・先発医薬品(新薬)  6,570円

  ・ジェネリック医薬品 2,190円

    差額      ▲4,380円

 

 

■今年も、「ジェネリック医薬品への切替えによるお薬代軽減額のお知らせ」を

お送りします!

 

船員保険部では、生活習慣病や慢性疾患等の治療薬として

新薬を服用されている方などを対象に、

処方されたお薬をジェネリック医薬品に切替えていただいた場合に、

どのくらいお薬代の自己負担額が軽減されるかを試算した

お知らせ(ジェネリック医薬品への切替えによるお薬代軽減額のお知らせ)を

お送りします。

 

お知らせは、9月と2月に2回お送りする予定です。

9月分は、中旬頃に、平成26年4月又は5月に医療機関等を受診された方のうち、

約8,000名にお送りします。

ジェネリック医薬品への切替えをお考えいただく際にご活用ください。

 

▼「ジェネリック医薬品への切替えによるお薬代軽減額のお知らせ」について

 

 

■「ジェネリック医薬品を希望します!」

 

今回お知らせが届かなかった方も含め、ジェネリック医薬品をお使いになると、

お薬代の負担を減らすことができますので、

病院や薬局で「ジェネリック医薬品を希望します!」とおっしゃってみては

いかがでしょうか。

 

言い出しにくいと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、

「ジェネリック医薬品を希望します!」と書かれたシールも配付しておりますので、

健康保険証やお薬手帳に貼っていただき、お使いになってみてください。

 

▼ジェネリック医薬品希望シール(PDFファイル)

 

 

■シールをご希望の方は

 

シールをご希望の方は、全国健康保険協会船員保険部まで、お電話で

お問い合わせください。

 

▼お問い合わせ先:

         0570-300-800(全国どこからでも市内通話料金でご利用いただけます。)

 

     03-6862-3060(IP電話・PHSご利用の方)

 

 

▼ジェネリック医薬品について詳しくはこちら

 

 

◇──────────────────────────────────┐

2.【疾病任意継続被保険者の皆さまへ】

 

│(1)前納を希望される方は9月12日までにお手続きを!(前納のご案内)│ 

└──────────────────────────────────◇ 

 

■前納のご案内

 

9月分の保険料の納付書に同封してご案内させていただきましたが、

疾病任意継続被保険者の方の保険料は、ご希望いただけば、

平成26年10月分から平成27年3月分までの半年分の保険料を

前納(まとめて先払い)いただくことができます。

 

 

■保険料が割引されます!

 

この制度をご利用になると、保険料が割引されます。

また、納付の手間を省くことができるとともに、納め忘れの防止にも

なりますので、この機会にぜひご検討ください。

割引額は加入者様の標準報酬月額によって異なりますので、

前納の割引額についてご確認されたい場合は船員保険部までご連絡ください。

 

 

■希望される方は、9月12日(金)までに申出書をご提出ください!

 

保険料の前納を希望される場合は、平成26年9月12日(金)までに、

9月分保険料納付書に同封している「疾病任意継続前納納付申出書」を

全国健康保険協会船員保険部あてご提出(郵送)ください。

 

 

申出書を受付後、前納用の納付書をお送りさせていただきます。

平成26年9月30日(火)までにお支払いください。

 

 

◇──────────────────────────────────┐

2.【疾病任意継続被保険者の皆さまへ】

 

│(2) 再乗船等により疾病任意継続被保険者でなくなる際の      │

     お届け用紙が新しくなりました!                  

└──────────────────────────────────◇ 

 

疾病任意継続被保険者の方が、再乗船等により再び船員保険の強制被保険者と

なられる場合には、「疾病任意継続資格喪失申出書」を提出いただき、

疾病任意継続の資格喪失手続きを行っていただく必要があります。

 

この「疾病任意継続資格喪失申出書」について、「わかりやすく」

「記入しやすく」するため、様式を見直し、新しくしました。

新たに船員保険に加入され、疾病任意継続資格を喪失される場合等には、

ご利用ください。

 

なお、これまでの様式も引き続きお使いいただけます。

 

新たな届出用紙については、船員保険部のホームぺージからダウンロード

いただけます。また、ご希望いただければ船員保険部から郵送もいたします。

 

▼疾病任意継続資格喪失申出書については、こちらをご覧ください

 

────────────────────────────────────

 

▼季節の健康情報については、こちらをご覧ください。

 9月は「食事を正して胃腸の調子を整える!」です。

 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat510/h26

 

 

▼季節の健康レシピについては、こちらをご覧ください。

 9月は「長芋ときのこのバターポン酢炒め」です。

 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat520/h26

 

────────────────────────────────────

◎今日から9月に入りました。

経験したことがないような局地的豪雨が日本列島を襲い、

広島をはじめ全国各地で多くの犠牲者が出ました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に

心からお見舞いを申し上げます。

 

最近の天気の変わり様を見ていると、自然の荒々しさばかりが

目につきますが、そうした中でも、季節は着実に巡っており、

夕べの虫の声に、秋が一日一日と深まっていくのを感じます。

 

9月は、長雨が多く、台風が多い月として知られますが、

なるべく穏やかな天気に恵まれ、皆さんの海上でのお仕事が

無事であることを祈っております。

 

────────────────────────────────────

 

全国健康保険協会船員保険部では随時メールマガジンの会員を募集しております。

ご家族やご友人、職場のお仲間にも、当メールマガジンをご紹介いただきますよう、

よろしくお願いします。

▼メールマガジン会員登録はこちらです。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g5/cat580/mailmagazine

 

▼メール配信先アドレスなど変更をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_7/index.do

 

▼メール配信停止をご希望の方はこちらです。

https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/17764_ghab_6/index.do

 

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

■発行元:全国健康保険協会 船員保険部

■住 所:〒102-8016

      東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階

■電 話 0570-300-800(全国どこからでも市内通話料金可)

        ※ IP電話・PHSなどご利用いただけない電話の種類もあります。

          03-6862-3060 (一般電話)

■船員保険部ホームページ http://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★