ページ上部です

退職するとき(疾病任意継続)

■退職後に加入する医療保険

 

船員の方が会社を退職されると、退職日の翌日から、これまで使われていた保険証は使用できなくなります。速やかに新しい医療保険への加入手続きをお願いします。

退職後の医療保険としては下表のような選択肢がありますので、加入条件や保険料額等を比較いただいたうえで、ご自身に合った保険をお選びください。

 

加入先 疾病任意継続被保険者となる 国民健康保険制度に加入

ご家族の医療保険制度に被扶養者として加入

手続き先

全国健康保険協会
船員保険部

お住まいの市区町村の
国民健康保険担当窓口 

ご家族の勤務先

 保険料

退職前の船員保険料の約2倍(ただし上限額の設定あり) 

加入するご家族の人数や、前年の所得等により決定される

保険料負担なし

疾病任意継続被保険者となる場合のお手続き等について 

疾病任意継続被保険者とは、退職等により船員保険の被保険者資格を喪失された場合に、一定の条件の下、希望により、継続して船員保険の被保険者となることができる制度です。 

 

1.加入条件

疾病任意継続被保険者になるための条件は、次の2つです。

  1. 資格喪失日の前日(退職日)までに、継続して2カ月以上の被保険者期間があること。
  2. 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に申出書を提出すること。

 

2.ご注意いただきたい点
  • 加入期間は、最長で2年間です。(延長はできません)
  • 保険料は、全額ご自身が負担することとなるため、退職前の船員保険料の約2倍となります。
3.加入した場合

 

 

被保険者
期間

資格を取得した日から2年間。

保険料

 今まで船舶所有者様が負担していた分もご自身で負担することとなるため、
退職時の船員保険料の約2倍となります。ただし、上限金額があります。

 保険料の
お支払方法
(初回分)

初回分の保険料は、被保険者証をお送りする際に納付書が同封されていま
すので、納付書記載のお支払期限までに必ずお支払いください。

資格喪失

疾病任意継続はご加入いただくと、任意にやめることができません。

ただし、加入者(ご本人)が次の(1)~(5)の事由に該当する時は、被保険者資格を喪失します。

(1)

疾病任意継続被保険者となった日から2年を経過したとき

(2)

保険料をお支払期限までにお支払いしなかったとき

(3)

就職して、船員保険・健康保険・共済組合の被保険者となったとき

(4)

後期高齢者医療制度の被保険者となったとき

(5)

被保険者が亡くなったとき

保険給付

在職中に受けられる保険給付と同様の給付を原則として受けることができますが、次の場合は支給されませんのでご注意ください。

  • 疾病任意継続の資格取得後、1年以降に発症した疾病に対する傷病手当金

また、退職時の標準報酬月額が44万円以上の方が疾病任意継続被保険者
になり、傷病手当金の支給を受けられる場合は、支給額が退職時より少なくなります。(標準報酬41万円に対する金額が支給されます。)

 

4.お手続きの方法

疾病任意継続被保険者になることを希望される方は、「船員保険疾病任意継続被保険者資格取得申出書」を、退職日の翌日から20日以内(20日目が土日・祝日の場合は翌営業日まで)に全国健康保険協会船員保険部まで郵送等によりご提出ください。

なお、原則として、期限を過ぎるとお手続きができなくなりますのでご注意ください。

 

5. 申請・申出書郵送先

全国健康保険協会 船員保険部 
102-8016 
東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階

 

6. お問い合わせ先 

船員保険疾病任意継続被保険者に関するお問い合わせは、下記までお願いします。 

全国健康保険協会 船員保険部  
船員保険管理グループ 
0570-300-800 
03-6862-3060(IP電話・PHSご利用の方)

 

船舶所有者様へ

 

疾病任意継続被保険者の保険証は、退職前の被保険者資格の喪失手続きが完了するまでお作りすることができません。退職後すぐに医療機関等にかかる方もいらっしゃいますので、「被保険者資格喪失届」は速やかに年金事務所へご提出いただきますようお願いします。

また、退職される方(およびそのご家族)の保険証は、退職時に必ず回収いただき、「被保険者資格喪失届」を提出される際に添付いただくようお願いします。

退職後の医療保険につきましては、退職を予定されている方のみならず、船員保険加入者の皆様に是非とも知っておいていただきたいことですので、お手数ですが、周知を図っていただきますようお願いします。

     

 

 

退職後の医療保険には、(1)船員保険の疾病任意継続、(2)国民健康保険、(3)ご家族の医療保険(被扶養者)の3つの選択肢があり、いずれかの医療保険に加入する必要があります。

各医療保険制度の詳細については、こちら(退職後の医療保険の比較表)をご覧ください。 

■船員保険の疾病任意継続

船員保険の疾病任意継続とは、会社を退職する等により船員保険の被保険者資格を喪失したときに、条件を満たせば希望により継続して被保険者となれる制度です。

疾病任意継続被保険者になるための条件は次の2つです。

 

(1) 資格喪失日の前日(退職日)までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間があること。
(2) 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に全国健康保険協会船員保険部に加入手続きをすること。

 

■疾病任意継続への加入手続き

「船員保険 疾病任意継続被保険者 資格取得申出書」を退職日の翌日から20日(20日目が土日、祝日の場合は翌営業日)以内に全国健康保険協会船員保険部に提出してください。(郵送で提出できます。)

 

提出書類

 

■  船員保険 疾病任意継続被保険者 資格取得申出書

 

 

被扶養者がいる場合は添付書類が必要となる場合がありますので、記入例内の「添付書類について」を必ず確認してください。

 

 

 

 

提出先住所

 

 

〒102-8016
東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング 14階
全国健康保険協会 船員保険部 宛
都道府県支部にも提出できますが、各支部から船員保険部へ書類を回送するため、申出書の審査に時間がかかることがあります。

 

 

 

■疾病任意継続に加入した場合

 

被保険者
期間
資格を取得した日から2年間。
保険料

今まで船舶所有者様が負担していた分もご自身で負担することとなるため、
退職時の船員保険料の約2倍となります。ただし、上限金額があります。

保険料の
お支払方法
(初回分)

初回分の保険料は、被保険者証をお送りする際に納付書が同封されていま
すので、納付書記載のお支払期限までに必ずお支払いください。
資格喪失 疾病任意継続はご加入いただくと、任意にやめることができません。

ただし、加入者(ご本人)が次の(1)~(5)の事由に該当する時は、被保険者資
格を喪失します。

(1) 疾病任意継続被保険者となった日から2年を経過したとき
(2) 保険料をお支払期限までにお支払いしなかったとき
(3) 就職して、船員保険・健康保険・共済組合の被保険者となったとき
(4) 後期高齢者医療制度の被保険者となったとき
(5) 被保険者が亡くなったとき

 

保険給付

在職中に受けられる保険給付と同様の給付を原則として受けることができま
すが、次の場合は支給されませんのでご注意ください。

 

  • 疾病任意継続の資格取得後、1年以降に発症した疾病に対する傷病手当金

 

また、退職時の標準報酬月額が44万円以上の方が疾病任意継続被保険者
になり、傷病手当金の支給を受けられる場合は、支給額が退職時より少なくなります。(標準報酬41万円に対する金額が支給されます。)

 

■会社の船員保険事務ご担当者の方へのお願い

退職された方が船員保険の疾病任意継続の手続きをした場合、疾病任意継続の被保険者証は、退職された方の船員保険の資格喪失手続きが完了していないと発行できません。

このため、船員保険の資格喪失届をすみやかに年金事務所にご提出いただければ、疾病任意継続の被保険者証がすぐに発行できるようになりますので、事務担当者様におかれましては、できる限りすみやかに資格喪失届をご提出いただくようご協力の程お願い申し上げます。