ページ上部です
重要

【平成30年8月改正】高額療養費制度の改正について(70歳以上の方が対象)

平成30年8月診療分から、70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わります。

1.一般所得者の外来(個人ごと)の自己負担限度額が18,000円に引き上げられます。
2.現役並み所得者の所得区分が、標準報酬月額を基準に3つに細分化されます。 
3.現役並み所得者Ⅱ(標準報酬53~79万円)と現役並み所得者Ⅰ(標準報酬28~50万円)の方は、限度額適用認定証の申請ができるようになります。

※今年に限り、該当の方に対して、7月上旬にご本人様のご自宅へ限度額適用認定証をお送りしました。
お手元に届かない方は、お手数ですが下記までご連絡ください。
なお、現役並み所得者Ⅲ(標準報酬83万円以上)と一般所得者(標準報酬26万円以下)の方は、高齢受給者証を提示することで自己負担限度額までのお支払いとなります。(限度額適用認定証の発行は対象外となります) 
 

自己負担限度額 

・直近1年間に3回以上、自己負担限度額が上限に達した場合、4回目から「多数該当」となり、自己負担限度額が下がります。


 

年間の高額療養費のご申請について

 平成29年8月の高額療養費制度改正において、70歳以上75歳未満の一般所得者区分または低所得者区分の方については、1年間(毎年8月~翌年7月)の個人毎の外来の自己負担額の合計額に、年間14万4千円の上限が設けられました。

 平成30年7月31日時点で一般所得者区分または低所得者区分に該当する方で、平成29年8月~平成30年7月の1年間のうち、一般所得者区分または低所得者区分であった月の個人毎の外来療養の自己負担額の合計が14万4千円を超えている場合はご申請ください。申請書は8月より全国健康保険協会のホームページからダウンロードすることができます。お電話いただければご郵送もいたします。その他ご不明な点等ございましたら、船員保険部までご連絡ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

申請書については、こちらをご覧ください。