ページ上部です

保健指導のご案内

特定保健指導健診受けたら終わりではありません

協会けんぽでは、生活習慣病予防健診の結果、生活習慣病になるリスクの高い方等を対象に保健師・管理栄養士による無料の特定保健指導を行っており、多くの方が改善に向けて取り組んでいます。

特定保健指導までの流れ

健診を受診

健診については、こちら(生活習慣病予防健診)をご覧ください。

下矢印

対象者がいる事業所様へご案内を送付

健診結果により、生活習慣の改善が必要と判断される方がいらっしゃる場合、事業所様あてに対象者のお名前を掲載した特定保健指導のご案内をお送りします。
対象者については、こちらをご覧ください。

下矢印

日程・場所を調整

協会けんぽより事業所様へお電話にてご連絡させていただき、特定保健指導を実施する日時、場所等の調整を行います。

下矢印

特定保健指導を実施

保健師・管理栄養士が対象の方と個別面談を行います。(初回のみ20分程度)
★3か月以上取り組んだ場合、無料で血液検査を受けられます。取り組みの成果を確認しましょう!

 

対象者について

 生活習慣病予防健診の結果に基づき、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のリスク数に応じて、「積極的支援」と「動機付け支援」の2つのタイプの保健指導を実施しています。

●次のチャートでどちらに当てはまるかためしてみましょう 

チャート

 

保健指導の内容について

●積極的支援

メタボリックシンドロームのリスクが高くなってきた状態です。1か月から6か月までの間に継続的な支援を行います。

 

【初回】個別面談(約20分程度)

 

【1か月から6か月】主に電話で継続サポート(一か月毎)

 

【6か月後】電話等で生活習慣改善状況について確認

 

●動機付け支援 

メタボリックシンドロームのリスクが表れ始めた段階です。原則1回の支援を行います。

 

【初回】個別面談(約20分程度)

 

【6か月後】電話等で生活習慣改善状況について確認

 

お問い合わせ先

保健指導についてのお問い合わせは、全国健康保険協会徳島支部保健グループまでお願いします。

全国健康保険協会徳島支部

保健グループ

088-602-0264