ページ上部です

バックナンバー(令和元年7月10日配信分)

♪♪――――――――――――――――――――――――――――――――

    -◆-全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部メールマガジン-◆- 
                     (令和元年7月10日配信)

――――――――――――――――――――――――――――――――♪♪

こんにちは。全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部メールマガジンです。
みなさまに健康保険制度の内容や法改正等の最新情報のほか、健康サポート
情報などのお役立ち情報をダイレクトにお届けいたします。

[メールマガジンは、原則、毎月1回配信いたします。ただし、必要に応じて
 臨時号を配信する場合があります。]

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
 ┏━━━┓                          ┏━━━┓
 ┃★☆★┃ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃★☆★┃
 ┗┻┻┫┃          もくじ           ┃┣┻┻┛
    ┗┛ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┗┛

1 インフォメーション

2 生活習慣病予防健診を労働安全衛生法による定期健康診断(事業者健診)
  としてご利用ください。

3 健康サポート情報
  「暑さに負けない食事を実践!これであなたも夏バテ知らず♪」

4 連載 健康通信・アルコール編4

5 今月の健康情報・健康レシピ


★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃インフォメーション
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
●一部負担金等の支払いの免除の延長について
このたび、平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞
い申し上げます。
全国健康保険協会では、平成30年7月豪雨災害により甚大な被害を受けられた
加入者の方につきまして、平成30年7月5日~令和元年6月30日の間で、医療
機関等の窓口における一部負担金等の支払いの免除を行っているところです
が、この取扱いを令和元年12月31日まで延長することを決定しましたのでお知
らせいたします。

▼「一部負担金等の支払いの免除」について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat550/saigaiosirase/h307gouu/itibufutankinmenjyo


●チャットボットの導入について
2019年4月1日より協会けんぽのホームページ上にチャットボット(AIを活用し
た自動会話プログラム)を、お問い合わせが最も多い限度額適用認定証に関す
るご案内を開始しました。
「チャットボット」をご利用いただくことで、限度額適用認定証の制度や申請
方法についていつでも簡単にご確認いただけます。
ホームページ上の「医療費が高額になりそうなときは…」をクリックしてみて
ください。

▼限度額適用認定証について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

■「限度額適用認定証」に関するお問い合わせ
[ 098-951-2282 業務グループ ]


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃生活習慣病予防健診を労働安全衛生法による定期健康診断(事業者健診)
┃ ┃としてご利用ください
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
協会けんぽでは、みなさまの健康の保持・増進のため、健診と健康づくりの支
援を行っています。従業員の「健康」も会社の重要な経営資源です。
「健康」の第一歩は健診から!従業員全員が1年に1度は健診を受けましょ
う!
【生活習慣病予防健診】
35歳~74歳の従業員(被保険者)様が対象です。

◎生活習慣病予防健診のメリット
①健診費用の約6割を協会けんぽが補助
<税率8%>
(健診費用)最高18,522円-(協会けんぽ補助)11,484円=(費用負担)最高7,038円
<税率10%>
(健診費用)最高18,865円-(協会けんぽ補助)11,696円=(費用負担)最高7,169円

②定期健康診断の検査も含み、がん検診も一緒に受診できます!
生活習慣病予防健診の検査項目
・定期健康診断の検査項目
・胃がん検診
・大腸がん検診

乳がん検診・子宮頸がん検診なども一緒に受診できます。
※乳がん・子宮頸がん検診は別料金になります。
※受診できる方の対象年齢に条件があります。

内容が充実している生活習慣病予防健診に切り替えてみませんか?
※お申込みから受診までの流れについての詳細は、ホームページまたは協会け
んぽまでお問い合わせください。


▼「生活習慣病予防健診の健診内容」について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4010/r35

▼「生活習慣病予防健診の申し込み方法」について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4030/r90

■「生活習慣病予防健診」に関するお問い合わせ
[ 098-951-2011 保健グループ ]


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃健康サポート情報
┃ ┃「暑さに負けない食事を実践!これであなたも夏バテ知らず♪」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
いよいよ暑さの厳しい沖縄の夏がやってきました。夏バテ対策はバッチリでし
ょうか?

高温多湿の環境は、暑さや発汗から脱水を招きやすく、冷たいものの取りすぎ
で胃腸が弱まりやすいため、日頃の食事がとても大切になります。

暑いのは苦手、毎年夏バテしてしまう・・・そんな方は、ぜひ食事の内容を見
直してみましょう。
夏を乗り切る身体づくりのヒントをご紹介します♪

1.冷たいものを摂りすぎない
暑い日が続くとつい冷たいものばかり摂りたくなりますが、夏の身体を元気に
保つポイントは身体を冷やしすぎないことです。冷たいものを摂りすぎて胃腸
が弱ってしまうと、だるさや食欲不振を招きやすくなります。野菜たっぷりの
温かいスープや味噌汁を1日の食事の中に1品取り入れることを意識してみま
しょう。また、生姜やにんにく、ネギやニラなどの香味野菜には血流を良く
し、身体を温める作用があるためお勧めです!

2.夏野菜を積極的に取り入れる
夏の太陽をたっぷり浴びた色の濃い緑黄色野菜には、カロテン、ビタミン、食
物繊維、カリウムなどのミネラルが多く含まれています。また、野菜自身が太
陽に負けないよう抗酸化物質をたくさん作りだすため、夏バテ対策には旬の夏
野菜が効果を発揮してくれます。さらに夏野菜には水分を豊富に含む食材が多
く、火照った身体の熱を冷ます働きもあります。冷たいアイスや飲み物ばかり
でなく、旬の夏野菜を上手に活用しましょう。
★夏野菜★
トマトやナス、ゴーヤ、オクラ、パパイヤ、枝豆、カボチャなど

3.ビタミンB群の豊富な食材を意識して摂る
ビタミンB群はエネルギーの代謝に関わるため、しっかり摂ることで疲労物質
の蓄積を防ぎ、疲れ知らずの身体づくりに繋がります。
ニンニクやネギなどの香り成分であるアリシンと一緒に摂ると、吸収がよくな
ります。
★ビタミンB群の豊富な食材★
豚肉、レバー、うなぎ、カツオ、まぐろ、大豆製品、玄米、胚芽米など

4、スタミナ維持と疲労回復に効く!クエン酸の活用
食酢に含まるクエン酸の疲労回復効果はすでに注目されているため、健康飲料
として飲むなど取り入れている方も多いのではないでしょうか。
クエン酸は食酢の他に、レモンやオレンジなどの柑橘類や梅干しにも多く含ま
れています。暑さで食欲が落ちやすい方は、夏バテ対策としてさっぱりと味わ
う事の出来る酢の物や梅和えを食事の中に取り入れてみましょう。

★お勧めの簡単レシピ♪
【枝豆とトマトのスープ(2人分)】
材料:トマト大3つ(トマト缶でもOK)、ツナ缶、エノキ1束、むき枝豆大さ
じ1、塩と胡椒少々
①エノキは1cm大に切り、ツナ缶を入れて炒める。
②しんなりしたら大きめに切ったトマトを加えて炒める。
③スープ状になったら枝豆を入れ調味料で味を整える。

【ひき肉とカボチャのスパイス煮(1人分)】

材料:豚ひき肉150g、カボチャ1/2、クミンやチリパウダーなど好みのスパイ
ス少々、塩と胡椒少々
①耐熱容器に大きめの角切りにした皮付のカボチャを入れ、レンジで5分加熱
する。
②フライパンで豚ひき肉を炒め、調味料、スパイスで味を整える。
③カボチャを合わせ、全体を軽く混ぜ合わせる。

【カラフルピクルス】
材料:ゴーヤ1本、きゅうり1本、パプリカ1個、セロリ2本、らっきょう酢
と米酢
①野菜は全て同じくらいの長さに切る
②らっきょう酢と米酢を1:1で合わせ、材料を入れたビニール袋に入れる
③冷蔵庫に入れて1日漬ける

日頃の食事を少し意識することで、暑さに負けない身体づくりに繋がっていき
ます。
夏バテ予防に効果的な食材を積極的に取り入れ、暑い夏を乗り切りましょう♪


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃連載 健康通信・アルコール編4
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
今回は、前回の肝臓に引き続き、お酒による脳への影響と、糖尿病についての
お話です。
飲酒習慣がある場合、脳出血や脳梗塞のリスクが高まります。
また、お酒は脳の老化を促進するので、大量飲酒の方の場合、そうでない方に
比べて脳の老化が10年から20年進むといわれています。
つまり、実年齢は50歳でも、脳年齢は60~70歳になってしまうのです。
さらに、アルコールはすい臓にもダメージを与えます。
すい臓は、血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあります。
大量飲酒は、インスリンの分泌を減らすので、血糖値を上げてしまい糖尿病を
悪化させます。
カロリーを抑えるために、ビールを焼酎に変える方もいますが、これは逆効果
です。
確かに摂取カロリーは下がりますが、反対にアルコール含有量は増えてしまう
ので、肝臓やすい臓への負担が大きくなり、結局血糖値は上がってしまいま
す。
健康のためには、お酒の度数は上げないことが鉄則です。



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃今月の健康情報・健康レシピ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
▼7月の健康情報
「コレステロールが気になったら」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h31/1070101
*コレステロールを改善する生活習慣を心がけましょう。


▼7月の健康レシピ
「イワシの梅煮」
~LDLコレステロールを減らす
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/1070102
*悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす成分が含まれるイワシをおいしくい
ただきましょう♪


*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆

▼沖縄支部メールマガジンのバックナンバー
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/okinawa/cat130/
 
協会けんぽ沖縄支部では随時メールマガジンの会員を募集しております。
みなさまのご家族や友人、職場の方へ当支部のメールマガジンのご紹介をお
願いいたします。
▼メールマガジン会員登録
http://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/r/c.do?dx_br_4_tly

*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆

◎ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ◎

――――――――――――――――――――――――――――――――――

■発行元:全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部
■住 所:〒900-8512
     沖縄県那覇市旭町114-4おきでん那覇ビル8階
■電 話:098-951-2246(企画総務グループ)
■協会けんぽホームページ 
 
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/
 協会けんぽ沖縄支部ホームページ 
 
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/okinawa/
 
○●○ 申請書は郵送での提出にご協力お願いいたします ○●○

――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼メールマガジン配信登録情報変更(メールアドレス変更)
http://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/r/c.do?dA_br_4_tly

今後、メールマガジン配信を希望されないお客様は、お手数ですが下記より
メールマガジンの配信解除手続きを実施してください。
▼メールマガジン配信解除
http://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/r/c.do?dB_br_4_tly