ページ上部です

高額療養費の支給決定誤りについて

発生年月日

平成29年06月27日

事案

高額療養費の支給決定にあたり、被保険者が非課税だったため、所得区分を「オ(低所得者)≪自己負担限度額:35,400円≫」とするべきところ、「エ≪自己負担限度額:57,600円≫」として決定したことにより、不支給となったものです。

発生原因

高額療養費支給申請書の2ページ目にあった市町村長の非課税証明を見落としたことが原因です。

判明日

平成29年12月20日

判明契機

受取代理人からのご連絡により判明しました。

対応

ご本人及び受取代理人へ電話にて謝罪のうえ経過を説明し、速やかに振り込みを行うことでご了承をいただきました。

再発防止策

別紙による「非課税証明書」のほか、申請書内に非課税証明があることも十分想定し、見落としがないように正確な処理を行います。