ページ上部です

「生活習慣病予防健診」ってどんな健診?

定期健康診断として利用できます

協会けんぽの生活習慣病予防健診は、労働安全衛生法で事業主様に義務付けられている定期健康診断の検査項目が含まれているため、定期健康診断としてご利用いただけます。

検診費用の約6割を協会けんぽが補助します

協会けんぽの生活習慣病予防健診(一般健診)は、総額最高で18,522円ですが、お一人最高で11,484円の補助が受けられ、自己負担額は最高で7,038円になります。※

充実のアフターフォロー

受診者のうち、健診結果からメタボリックシンドロームのリスクがあると判定された方には、健診当日に特定保健指導が受けられます。(当日に特定保健指導を受けられない場合は、後日、協会けんぽからご案内いたします。)

※:年度内1回に限り、協会けんぽからの健診費用の補助が受けられます。金額は消費税率8%の場合です。

健診受診は簡単5STEP!

 受診の流れ

 

健診機関はこちら

 

 

申込書はこちら

 

インターネット(情報提供サービス)によるお申し込みも可能です。

詳しくはこちら 

  

健診結果からメタボリックシンドロームのリスクがあると判定を受けられた方は無料で「特定保健指導」が受けられますので、生活習慣の改善にお役立てください!

詳しくはこちら 

健診当日に初回面談が受けられる医療機関があります。当日に受けられない場合、後日協会けんぽより文書でご案内いたします。

健診タイトル

1年に1回は健診を受け、からだにどのような変化が起きているかなどを知ることはとても大切なことです。

毎日の生活習慣の積み重ねで、生活習慣病(高血圧、糖尿病、肥満など)が発症し、放っておくと動脈硬化が進み、脳梗塞や心臓病などの危険が高まります。

 血圧測定

三重県では糖尿病リスク高い 

健診結果分析では、三重支部の糖尿病のリスクが全国的にも高い状態です。(分析結果はこちら)

メタボリックシンドロームのリスクの高い人で、特定保健指導の対象となる人は必ず保健指導を受けて生活習慣病を予防しましょう。

 

 

健診を利用して自分の体を知り、生活習慣の改善を始めましょう!

検査項目も充実しています!

検査項目

 

保健指導タイトル

 保健師  特定保健指導では、加入者の皆さまがメタボリックシンドロームの予防・改善のために自分の健康状態を知り、自ら生活習慣を改善できるよう、保健師等が面談などを通じて目的や手段を一緒に考え、より効果的に実践できるようにサポートします!

 

 協会けんぽでは、健診の結果、メタボリックシンドロームのリスクがあると判定を受けた方に特定保健指導をご案内しています。 特定保健指導は「動機付け支援」「積極的支援」の2種類があり、保健師等と一緒に生活習慣の改善に取り組むことができます。

特定保健指導の対象になった場合、健診を受けた当日に特定保健指導(初回面談)を受けることができる健診機関があります。協会けんぽホームページや各健診機関でご確認ください。当日に特定保健指導を受けられない場合は、後日協会けんぽより、ご案内させていただきます。

「運動しよう」「食事内容を変えよう」といった気持ちがあっても、1人で取り組みを継続するのはなかなか大変なもの。でも、1人より2人。保健師等と二人三脚で取り組んで、生活習慣を改善しましょう!

特定保健指導の対象となる基準

特定保健指導の対象基準