ページ上部です

第3回 時間外受診

             時間外受診
             時間外受診
             時間外受診
             時間外受診

時間外受診

夜間や休日に診察してくれる医療機関があることは地域にとって心強いことですが、診療時間外に受診すると、初診料や再診料に加算(割増料金)がつくことをご存知ですか?

 

割増料金のほかにも、夜間や休日は限られた検査や治療しか受けられない場合が多く、 診療時間内にあらためて受診する必要があります。

 

さらに、夜間や休日の救急外来に軽症の患者が増えると、命にかかわるような重症患者への対応まで遅れてしまうことがあります。また、通常の診療時間帯に来られる人まで夜間や休日に集中すると、病院の医師やスタッフが疲弊し、身近な地域の救急医療体制が維持できなくなる恐れもあります。

 

通常の診療時間に受診できるのに、便利だからと言って時間外診療を利用してないか、また、夜間や休日に症状が出た場合でも、通常の診療時間内に受診することができないのか、もう一度考えてみましょう。

 

◆小児救急電話相談#8000◆ 

夜間に小さなお子さんの急な症状で心配になったときは、まず小児救急電話相談の利用を考えましょう。全国統一の短縮番号#8000を押すと相談窓口に転送され、症状に応じた適切な対処の仕方などアドバイスが受けられます。詳しくは厚生労働省ホームページをご参照ください。