ページ上部です

一部負担金等の支払いの免除について

 このたびの平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 全国健康保険協会では、今般の災害により甚大な被害を受けられた加入者の方につきまして、医療機関等の窓口における一部負担金等の支払いの免除を行っているところですが、この取り扱いが平成31年2月28日まで延長することを決定しましたのでお知らせいたします。

対象者(以下の1及び2のいずれにも該当する方)

  1. 平成30年7月豪雨に係る災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用市町村(内閣府ホームページ)に住所を有する健康保険法又は船員保険法による全国健康保険協会の被保険者又は被扶養者(災害発生以降、適用市町村から他の市町村に転入した者を含む。)
  2.  医療機関等の窓口において、平成30年7月豪雨を原因として、次のいずれかの状況にある旨を口頭でご申告した方
  • 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした旨
  • 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨
  • 主たる生計維持者の行方が不明である場合
  • 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した旨
  • 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

 なお、医療機関等の窓口でご申告いただいた内容については、後日、協会けんぽから確認を行う場合があります。                                                                         

  ※平成31年1月以降、免除を受けるためには、保険証と協会けんぽが発行する免除証明書を病院や薬局の窓口で提示する必要がありますので、健康保険一部負担金等免除申請書にて協会けんぽ都道府県支部へご申請ください。

健康保険一部負担金等免除申請書(平成30年7月豪雨)

 

 取扱いの期間

平成30年7月5日から平成31年2月28日までの診療、調剤及び訪問看護

 免除の対象となる方が、既に病院や薬局の窓口で一部負担金等のお支払をされている場合は、お支払いただいた一部負担金を還付いたします。

 

 一部負担金の還付

一部負担金の還付の手続きについてはこちらをご覧ください。