ページ上部です

全国健康保険協会次世代育成支援行動計画

 本計画は、我が国における急速な少子化の進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化に対応するため、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)に基づき、職員が仕事と子育てを両立させ、職場においてその能力を十分に発揮できる環境創りと、全職場を挙げてこれを支援することを目的としています。

 

1.計画期間

平成26年4月1日~平成31年3月31日までの5年間

2.実施内容

(1) 諸制度の周知
次世代育成支援に関する制度(制度詳細は別表を参照)を以下の区分によりまとめ、各支部への事務連絡、職員への配布または協会内イントラネット掲示板への掲載等により制度周知を行う。
①勤務に関すること
②休暇・休業に関すること
③その他

(2) 情報提供及び相談体制の整備
子育てを行う職員の相談窓口を設け、子育て支援に関する情報提供を行う。

(3) 職場環境の整備
職員が出産に伴う休暇の取得や育児休業をしやすくするため、産前産後休暇及び育児休業期間中の代替職員確保を行う。

(4) 育児休業職員の円滑な職場復帰
①育児休業中の職員に対して、本人の希望に応じ協会の情報ならびに担当業務にかかる情報の提供を行う。
②育児休業を終了した職員に対し、円滑に職場復帰できるよう職場管理者による面談を実施した後、OJTによる復帰支援を行う。

(5) ノー残業デーの設定
子を持つ職員が、帰宅後に家族とふれあう時間を過ごせるよう、職場ごとにノー残業デーを設定し所定時間外労働時間を縮減する。