ページ上部です

3月 焼き酢豚

 完成写真

にみそと酒で下味をつけ焼くことで、肉にしっかりと味がつき、焼き味噌も香ばしく一味違うおいしさです。具材は火が通りやすい材料を使い、揚げる手間もなく、焼くだけでできるお手軽な酢豚です。いろいろな食材の食感が楽しめます。

 材料
  • 豚肉(ロース)生姜焼き用……4枚(200g)
  • れんこん……140g
  • 玉こんにゃく(板こんにゃくでも可)……140g
  • かぼちゃ……100g
  • 長ねぎ……1本(80g)
  • ピーマン……1個(40g)
  • ごま油……大さじ1
  • みりん……大さじ1

<A>

  • みそ……小さじ2
  • 酒……大さじ1

<B>

  • 水……100ml
  • 中華だし顆粒……大さじ1/2
  • 砂糖……小さじ1
  • しょうゆ……大さじ1
  • 酢……大さじ2
  • 片栗粉……小さじ1
 材料写真
作り方
1

豚肉は、3㎝幅に切り、Aをもみ込んでおく。

2

こんにゃくは、さっと水洗いしてから一口大に切り、2分間茹でる。れんこん、かぼちゃは、幅1㎝に切り、一口大の大きさに切る。長ねぎは3㎝程度に切る。ピーマンは2㎝角に切る。

3

ボールにBの材料を入れてよく混ぜる。

4

フライパンにごま油を入れ、中火でれんこんを両面こんがりと焼き、次にかぼちゃを入れて3分間程度、両面を焼く。

5

4に、1を入れて肉の両面が薄く色づいたら、こんにゃくを入れ両面を焼き、次にねぎを入れて各具材をひっくり返しながら、約3分間程度焼く。ピーマンは、火が通り過ぎないように最後に入れてさっと混ぜる。

6

3をよくかき混ぜて加え、ひと煮立ちしたらみりんを回し入れ、照りととろみをつける。

ポイント
作り方1 見出し記号 作り方2

ボールにAを入れ、3㎝幅に切った豚肉をよくもみ込んで、下味をつける。
火が通りにくい、れんこん、次にかぼちゃを焼き、それから豚肉を焼く。

 食材と栄養について

かぼちゃ

ビタミンAはもちろんのこと、血管の若さを保つ抗酸化作用の強いビタミンEもとることのできる野菜です。カボチャ50gで、ビタミンEの1日の必要量の約半分が摂れます。

れんこん

食物繊維を多く含む根菜で噛みごたえがあります。ビタミンCを多く含む野菜の一つです。

ねぎ

豚肉のビタミンB1の吸収を高めるアリシンという成分を含んでいます。


 

[レシピ考案・監修]管理栄養士 荒木 直子