ページ上部です

7月 彩り夏野菜の冷やし中華

 

たくさん汗をかく季節。食事でとる水分も大切な水分補給の一つです。旬の夏野菜からは、暑さのストレスに負けないためのビタミンCを補うことができ、スープはカリウム豊富なトマトジュースをベースに、カルシウム補給に最適なチーズの中でも低塩分のクリームチーズを加えることで、汗で失われるミネラルも補給できるスープとなっています。

材料 

<スープ>

  • シーフードミックス(冷凍)……160g(凍った状態で)
  • にんにく……1かけ
  • 固形コンソメ……1個(4g)
  • 鷹の爪……1個
  • 白ワインまたはお酒……大さじ1
  • 塩……一つまみ
  • クリームチーズ……2個(18g×2)
  • トマトジュース(無塩)……200ml
  • 麺つゆ(3倍濃縮)……小さじ1

<飾りの具>

  • 鶏ささみ ……60g
  • 酒……小さじ1
  • 片栗粉……小さじ2
  • オクラ……40g(6本)
  • カボチャ……60g
  • ナス……140g(2本)
  • オリーブオイル……大さじ2
  • きゅうり……90g(1本)
  • 大葉……4枚
  • プチトマト……70g(6個)
  • レモン……20g

<麺>

  • 中華麺……2玉
  • オリーブオイル……小さじ2
 
作り方

鍋に200mlの水・コンソメ1個、薄切りのニンニクと、種をとり輪切りにした鷹の爪を入れ火にかける。

シーフードミックスを人肌のお湯で洗い、1の鍋に入れ、白ワイン(またはお酒)と塩を入れて蓋をする。魚介に火が通ったら、クリームチーズをちぎり入れ煮溶かし火を止める。麺つゆとトマトジュースを加え冷ましておく。

鶏ささみはそぎ切りにし酒を入れてもみ、片栗粉をまぶす。オクラは縦に2等分に、ナスは5mm幅、カボチャは3mm幅の薄切りにする。フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を引き、鶏肉、野菜の順で焼く。

きゅうりと大葉は長さ3㎝の千切りにし、混ぜておく。レモンはくし形に切っておく。

中華麺は熱湯で4分間茹で、流水で粗熱をとり氷水に2分程度入れ冷やし、水を切りオリーブオイルを絡めておく。

中華麺の上に、3の焼いた具材、4の野菜とプチトマトを飾る。食べる直前にレモンを絞り、2のスープをかける。

ポイント
作り方1 見出し記号 作り方2

茹でた中華麺は、直後に流水で粗熱をとり、氷水につけることできゅっとしめます。
流水でしめた後、オリーブオイルで和えておくと、スープの絡みがよくなります。

食材と栄養について 

あさり
(シーフードミックス)

汗で失われる、鉄分を多く含みます。

きゅうり

水分、カリウムを多く含む野菜で、身体を冷やす働きがあり、熱くほてった身体を冷まします。

クリームチーズ

からだのエネルギーを作り出す時に必要なビタミンB2を多く含みます。


[レシピ考案・監修]管理栄養士 荒木 直子