ページ上部です

6月 ごぼうと牛肉の生姜しぐれ煮

 完成写真

しょうがのさわやかな香りと、歯ごたえが残る甘辛味のごぼうがご飯に合う一品です。食物繊維やオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになります。腸内環境を整えることで、免疫力のアップが期待できます。梅雨時のじめじめした日々を乗り越えていきましょう。

 材料
  • 牛肉(切り落とし、薄切り等)……140g
  • ごぼう……80g
  • エリンギ……20g
  • しょうが……20g
  • さやいんげん……40g
  • ごま油……大さじ1
  • しょうゆ……大さじ1
  • 砂糖……大さじ1
  • 酒……大さじ1
  • みりん……大さじ1
 材料写真
作り方
1

ごぼうは泥を洗い流し、包丁の背で薄皮を削ぎ、2mm幅の斜め薄切りに。さやいんげんは、へたとスジをとり斜め細切りに。エリンギは5mm幅に切る。しょうがは皮をむき千切りにする。牛肉は食べやすい大きさにする。(切らずにそのままでもOK)

2

フライパンにごま油をひき、中火でしょうが・ごぼうを先に3分程度炒める。次に牛肉・エリンギを入れ3分程度炒めたら、 砂糖・酒をいれてなじませるようにかき混ぜ、1~2分後にしょうゆを入れて蓋をし、2分程度煮る。

3

2に、さやいんげん・みりんを入れ、照りがつく程度まで炒めて仕上げる。

ポイント
作り方1 見出し記号 作り方2

火が通りにくいしょうがやごぼうを先に炒めていきます。
最後にさやいんげんとみりんを加えることで、彩りよく、おいしそうに完成できます。

食材と栄養について 

ごぼう

食物繊維を多く含みます。身体に不要な物を便と一緒に体外へ排出する働きのある「不溶性食物繊維」が多いイメージがありますが、腸内の善玉菌のエサとなる「水溶性食物繊維」も多く含むので、腸内環境を整えます。

しょうが

殺菌効果のあるファイトケミカル(ジンゲロール、ショウガオール)を含みます。

エリンギ

腸内の善玉菌のもう一つのエサ、「オリゴ糖」を多く含み、腸内環境を整えます。


【今月の健康情報は「食中毒を遠ざける秘訣」がテーマです】

 

 

 

[レシピ考案・監修]管理栄養士 荒木 直子