ページ上部です

7月の健康レシピ チキンとパプリカのマリネ

完成写真 

鶏胸肉は、皮を剥いで使うことで、気になるカロリーをカットできます。
暑い夏にもさっぱりと食べられるマリネは、酢の酸味で、塩分控えめでもおいしくいただけます。
旬のパプリカと組み合わせれば、彩りもアップ!

材料
  • 鶏胸肉(皮なし)……1枚(250g)
  • 塩……少々(0.5g)
  • こしょう……少々
  • 薄力粉……大さじ1(9g)
  • パプリカ(赤、黄)……各1/2個(各正味60g)
  • タマネギ……1/4個(50g)
  • イタリアンパセリ(またはパセリ)……適宜
  • オリーブオイル……大さじ1(12g)

<マリネ液>

  • 酢……大さじ4(60ml)
  • 砂糖……小さじ2(6g)
  • 塩……小さじ1/6(1g)
  • こしょう……少々

材料写真
作り方
1

鶏胸肉は一口大の削ぎ切りにして、塩、こしょうをふる。パプリカはヘタと種を除いて乱切りにする。タマネギは1cm幅のくし型切りにする。
マリネ液の材料は混ぜておく。

作り方1
2

鶏胸肉に薄力粉を薄くまぶし、フライパンにオリーブオイルをひいて焼く。鶏肉に火がとおってきたら、空いているスペースでパプリカとタマネギも一緒に焼く。

作り方2
3

焼きあがった2が熱いうちに1のマリネ液をかけ、和えて5分程度味をなじませる。器に盛り、イタリアンパセリを添える。

作り方3
食材と栄養について 

鶏肉

鶏胸肉は、皮を剥いで使うと高タンパク・低脂質でヘルシーです。タンパク質は血管を丈夫にします。

パプリカ

旬のパプリカは抗酸化ビタミンが豊富で、動脈硬化やがん、免疫機能の低下などを引き起こす活性酸素の働きを抑えてくれます。

タマネギ

タマネギの硫化アリルは血栓の生成を予防してくれるので、お酢と組み合わせて食べれば、血液サラサラ効果が期待できます。


【今月の健康情報は「防ごう! ロングフライト血栓症」がテーマです】

 

[レシピ考案・監修]管理栄養士 小泉 明代