ページ上部です

2月の健康レシピ「大葉ごはん」

2月の健康レシピ

「大葉ごはん」

1人前 325kcal、塩分1g

花粉症など、季節性のアレルギー予防には、体の免疫機能を正常に保つ食材がおすすめです。脳を活性化し、免疫機能を整えてくれる大葉を使った、彩の良いごはんレシピをご紹介します。

大葉ごはん

<材料> 4人分

  • 米 2カップ
  • 油揚げ 1/2枚
  • シメジ 50g
  • 大葉(青ジソの葉) 15~20枚
  • 梅干 4個

調味料

  • 塩 小さじ1/3
  • 酒 大さじ1

A:

  • だし汁 2/3カップ
  • 塩 少々
  • 醤油 小さじ1

<作り方>

  1. 米は洗ってザルにあげ、分量の水と塩、酒を加え、炊飯器で炊く。
  2. 油揚げは1cmの長さの細切りにし、シメジは小房にわけて石づきを取り、1cmに切って
    Aで煮含めて、水気をきる。
  3. 大葉は粗みじん切りにして水に離し、水気を絞って、2.と共に炊き上がった1.に混ぜる。
  4. 茶碗に盛って、梅干をのせる。

料理工程
 

<おいしくヘルシー! そのポイント>

大葉は、花粉症の予防・改善に必要な免疫機能を整える食材です。また、大葉には辛味があり、体を温めるため、花粉症による目のかゆみや充血、くしゃみ、鼻水・鼻づまりなどの症状を改善させます。
この季節に気をつけたい花粉症については「季節の健康情報」をご覧ください。

材料
 

堀 実佐子 プロフィール

国際薬膳師・日本国際薬膳師会副会長、「食養と暮らしの提案~和快」代表。1991年より国立北京中医薬大学日本校第一期生として中医食養学を学び、卒業後、国際薬膳師資格取得。2004年よりロート製薬株式会社福利厚生施設スマートキャンプ、2008年より同スマートキャンプ東京内「旬穀旬菜cafe」薬膳メニュー開発・監修、調理指導