ページ上部です

【脳血管疾患】 突然死を招く恐ろしい病気

脳血管疾患 | 気になる病気 | 全国健康保険協会

脳血管疾患って、どんな病気?

 

●脳血管に起こるトラブルには2つのタイプがある

脳は心臓の拍動や呼吸、体温調節などといった生命活動をはじめ、行動や言動、思考や感情、感覚などを司る重要な役割を担っていて、脳細胞が情報網を張り巡らせて高度で複雑な機能を果たしています。
この脳細胞に酸素と栄養を運んでいるのが、脳内を走る血管です。脳血管疾患とは、脳の血管のトラブルによって、脳細胞が破壊される病気の総称です。おもな脳血管疾患には「出血性脳血管疾患」と「虚血性脳血管疾患」の2つのタイプがあり、これらは「脳卒中」とも呼ばれています。
脳血管疾患 

 

出血性脳血管疾患

脳の血管が破れて出血することから起こるもので、出血した血液は「血腫」という血の塊をつくり、血腫のできた部分の脳細胞が破壊されます。血腫が周囲を圧迫すると、障害はさらに広がります。
出血性脳血管疾患は、出血した部位によって2つに分けられます。1つは脳の奥深くの細い血管に加齢や高血圧によって小さなこぶができて、これが破裂して出血が起こる「脳出血」です。もう1つは、頭蓋骨の下で脳の表面を保護している「くも膜」という膜の下で出血が起こる「くも膜下出血」です。

虚血性脳血管疾患

脳の血管が詰まることによって脳への血流が悪くなり、脳細胞が酸素不足・栄養不足に陥るもので、代表的なものは「脳梗塞」と「一過性脳虚血発作」です。
脳梗塞は、血管を詰まらせる原因によって大きく2つに分類されます。脳の血管に血栓という血の塊ができて、血栓が血管を詰まらせるものを「脳血栓」、心臓など脳以外の血管にできた血栓が、血流にのって脳へと運ばれて、その血栓が脳の血管を詰まらせるものを「脳塞栓」といいます。
一過性脳虚血発作では、血管の詰まりは一時的なもので、血流はすぐにもとに戻りますが、脳梗塞は完全に血管が詰まり、血流も完全に途絶えてしまうので、血液がいかなくなった脳細胞は壊死します。

 

 

脳血管疾患は、なぜ恐いの?

 

●脳血管疾患は突然死を招く恐ろしい病気

脳血管疾患は突然死を招く恐ろしい病気で、かつては日本人の死因第1位を占める病気でした。近年、医療の進歩などによって死亡率は減ったものの依然として高く、「がん」「心疾患」「肺炎」とともに上位を占めています。

 

●一命をとりとめても、深刻な後遺症を残すことも…

脳血管疾患の恐ろしいところは、死亡率のほかにもう1つあります。それは一命をとりとめても、何らかの後遺症を残す人が多いということです。
脳血管疾患の後遺症には、手足の麻痺をはじめ、言語障害や視覚障害、感覚障害などさまざまなものがありますが、どのような後遺症が現れるかは、損傷を受けた場所と損傷の程度によります。後遺症の程度によっては寝たきりになったり、介護が必要になったりすることもあります。

 

 

脳血管疾患の原因は?

 

●脳血管疾患の危険因子とは?

脳血管疾患には、誘因となる危険因子がいくつもわかっています。なかでも高血圧、動脈硬化、喫煙は最大の危険因子です。そのほかにも、運動不足や多量の飲酒、ストレス、睡眠不足などの生活習慣が脳血管疾患の引き金となります。
また、「メタボリックシンドローム」といって、内臓脂肪の蓄積(内臓脂肪型肥満)に加えて、高血圧、高血糖、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態では、それぞれが軽症であっても、複数あわせもつことで動脈硬化を悪化させ、脳血管疾患の発症リスクを高めることもわかっています。
なお、心臓の血管にできた血栓が原因で起こる脳塞栓は、「心房細動」という不整脈が最大の原因になります。

 

■脳血管疾患の危険因子

  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常
  • 内臓脂肪型肥満
  • 不整脈

 

 

脳血管疾患を予防するために

 

●危険因子は生活習慣の改善で減らすことができます

脳血管疾患は生活習慣病の1つでもあり、おもな誘因のほとんどが生活習慣にあります。減塩や栄養バランスのとれた食事を心がけ、禁煙、節酒、適度な運動を習慣にするなど、生活習慣を改善すれば、予防できる可能性がとても高いということです。
まずは健診の結果などから、脳血管疾患の危険因子を持っているかどうかを知り、危険因子が1つでもあれば、直ちに生活習慣を見直し、改善に努めましょう。
また、健診で高血圧や糖尿病、脂質異常症、不整脈を指摘されている人は、これらの病気の危険因子を減らすとともに、病気を正しく治療することも大切です。

 

■生活習慣改善のポイント

食事

 

●こんな検査でわかります

脳血管疾患には動脈硬化や高血圧、脂質異常、高血糖など、いくつかの危険因子があり、危険因子を多く持っている人ほど脳血管疾患の可能性が高くなります。そのため、高血圧を調べる血圧の検査、脂質異常を調べる脂質の検査、高血糖・糖尿病を調べる代謝系の検査などが、脳血管疾患のリスクを見つける重要な手がかりとなります。
このほか、動脈硬化を調べる検査として、眼底検査や心電図があります。心電図では、脳塞栓の最大の原因となる不整脈があるかどうかもわかります。
各検査項目の詳細については、こちらをご覧ください。